晩婚化の現在

男女共に晩婚は当たり前の時代になり、それに従って高齢出産も当たり前の時代になっています。その理由として、女性の社会進出によって、女性が活躍する場が増えたものの、いざ結婚や妊娠となったときに産休などの取得が難しいからとも言えます。 また、一度、休暇を取るといざ復帰できることが難しく、子供も核家族であることはもちろん、保育所などの預け先もなかなか見つけらないと言うニュースがよく流れています。男性側も子供が生まれたからと言って仕事を休みにすると言う海外のような風潮はまだまだなく、女性に負担がかかっているのが実情です。そう言ったニュースなどが世間に流れる度に、若い世代は結婚して妊娠することになかなか踏み切れないでいます。現在、法律で日本人の休暇について見直しが進んではいますが、これをどこまで実行出来るかで今後の動向が変わりそうです。

現代の社会の事情により不妊になってしまうことは仕方ないのですが、中には高齢などの理由で不妊に悩む方もいます。女性においては、卵子は生まれたときから自分と一緒に年を取っており、男性の精子のようにまた作られると言うことがありません。生まれたときから自分と同じ年の卵子での妊娠は、どうしても若い人のよりも確率は少なくなってしまいます。また、高齢でも妊娠したい場合は、心穏やかに過ごしてストレスのない生活を送ったり、規則正しく起きたり寝たりなどの生活習慣の見直しもとても大事です。赤ちゃんが宿る体を作るために、赤ちゃんに優しい環境を作ってあげることで、難しいと言われている高齢での妊娠を可能に出来るかもしれません。不妊治療は経済的負担になる場合が多いのですが、結婚や妊娠したいと言う予定がないときでも、普段からの生活習慣を見直すことで、将来の不妊を避ける助けになる可能性は十分にあります。

治療の方法

現在は妊娠できない人のために不妊治療を始めている人が増えていますが、その治療方法としてはタイミング法がよく行われています。段階的に治療をすることで妊娠の確率を上げることができます。

子供をつくる

現在子供が欲しいのに中々出来ないという人が増えています。不妊治療は、男女ですることが基本なので二人で診察を受けることが望ましいです。またタイミング法や人工授精など様々な治療方法があります。

無精子症でも可能

体外受精は男性不妊である場合でも利用できる受精方法になっています。なお、女性の年齢が高くなるほど妊娠がしづらくなってしまうので、早めに治療を受けておくことが大切であると言えます。

今と今後の動向

産婦人科が現在の用途や形態になるまでには色んな出来事がたくさんありましたが、今では産婦人科減少といった問題が出てきていることから今後の動向を見ていく必要があります。

元気な赤ちゃんを産む

将来赤ちゃんが欲しいからと妊活を始めるときは体調管理を行なうことも大切なことです。ストレスも妊娠に大きな影響を与えるとされるため、普段からストレスを貯めない生活を心がけると妊娠しやすい身体になります。